歯の質量は水です。
歯は水から出来ていると言っていいほど水分が多いのです。

バランスが悪くなると歯の水分から酸素がなくなり、歯が腐ります。
糖分を摂るとバランスが崩れるのが早くなります。

歯は臓器では副腎と関係しています。
副腎は自律神経とも関係していますので、精神、意識の影響を受けます。

また、副腎は筋肉とも密接な関係を持っています。
筋肉の問題や老化でも歯に影響がでます。
過度の疲労も同じです。

自律神経とは身体の活動を調整し、私たち自身を維持する神経です。
リンパと関係も深いのでリンパマッサージが有効です。

自律神経がしっかりしていたら、唾液も海の力を持ちます。
自律神経が不調だと唾液は川の力しかもたないのです。

自律神経を適正に保つということは、歯にも良いのです。

イメージ