お口の緊張をやわらげるリラックス法

大事なプレゼン前、初めての人たちの前での自己紹介…日常生活で緊張する場面は数多くあります。
緊張で声がひっくり返ったり、普段より滑舌が悪くなったりしたことはありませんか?
身体が緊張するときは、お口の中も緊張しているのです。

のどの奥が緊張しているときとリラックスしているときとでは、次のような違いがあります。

のどの奥がリラックスした状態のどの奥が緊張した状態
舌先は下前歯の裏に接している 舌先は上前歯の裏に接している
舌全体は上顎に接さず口の中に空間がある 舌全体が上顎に接し口の中に空間がない
のどが解放している のどがつまっている
奥歯に噛みしめはない 奥歯を噛みしめている事が多い
上下の唇はかすかに開いている 上下の唇は閉じている

のどの奥が緊張しているなと感じたときに、ぜひ行って欲しい緊張を和らげるリラックス方法をご紹介します。

口腔内の緊張を緩和する方法

口腔内の緊張を緩和するには、意識して舌を動かすことが大事です。

  1. 舌先で下の前歯歯肉をこすり続ける
  2. 声を出さずに「ララララ〜」と言う
  3. ガムを舌の上でころがす
  4. ガムは、会話するときは上奥歯と頬の間に挟む

のどの奥の緊張を緩和する方法

舌を動かす

次の動作を繰り返し行ってください。

  1. 舌を上に曲げ、上顎につける
  2. 舌をのどちんこに届くように後ろへ移動
  3. 舌を左右に動かす