歯と歯の隙間のケアには「歯間ブラシ」が最適であることを以前「歯と歯の隙間のケア」で紹介しましたが、中には歯間ブラシを使っても良くなりにくい歯肉というものが存在します。

それは、歯の頬側と中側の高さ(歯と歯の間の歯肉の高さ)よりも歯の真ん中が低い場合です。

この場合、歯間ブラシを使っても、その低い部分にはブラシがあたらず、マッサージ効果も薄くなります。そうするといつまでも食べかすが残ったままになり、歯の真ん中の歯槽骨が摩耗し、歯周病になります。

治療には、頬と真ん中の歯肉マッサージの徹底、歯のクリーニングと場合によっては簡単な歯肉の整形を行います。
歯肉の整形はとても短時間で終わり、痛くも腫れもありません。

歯間ブラシをしても良くなりにくい歯肉例

歯間ブラシをしても良くなりにくい歯肉例