食べ物などが歯と歯の間に詰まったまま放置していると歯肉が炎症し、そこから唾液が出なくなり、虫歯や歯周病の原因となります。
物が詰まった場合はすぐに除去するように心掛けましょう。それには、歯ブラシよりも歯間ブラシが効果的です。
フロスでも構いませんが、フロスだけでは歯肉のマッサージ効果が少ないので、フロスを利用する場合は歯間ブラシも併用した方がより効果的です。

歯周病と虫歯のほとんどが歯と歯の間に起こっていますから、歯間ブラシは予防に最適です。
なるべく毎日歯間ブラシで歯肉マッサージを行いましょう。

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシは自分の歯と歯の隙間の大きさにあったものを使用してください。
隙間よりも小さい物だけを使用する時には、歯肉にしっかりあててください。

  • 歯間ブラシをやさしく歯と歯の間にいれて、歯肉をマッサージしながら数回動かしてください。
  • 頬側と内側の歯肉の高さが違うこともあるので、歯肉にしっかりあてることを意識してください。
  • 歯の角度に合わせて歯間ブラシも一方向だけにならないようにして下さい。

最初は出血しますが、数日から数週間で出血しなくなります。

時々患者様から「歯肉がちびるんじゃないか」と言われますが、太っている人がダイエットしたら「ちびた」とは言わないように、歯肉もマッサージにより引き締まるのです。
歯周ポケットも減少し歯肉も引き締まり、唾液も多く出るようになり殺菌力、免疫力もアップします。

また、歯肉がやせていくと歯の分岐部と呼ばれる股の部分が露出してきます。
この部位はトンネルになっているため中にプラークが溜まり、さらに歯を支える歯槽骨が痩せたりします。
この場合も歯間ブラシでしっかりマッサージしましょう。

分岐部歯間ブラシの使い方

分岐部歯間ブラシの使い方

デンタルフロス

フロス(糸ようじ)歯と歯の間の虫歯は、フロスを使うことによりご自身でも発見しやすいです。
最近はプラスチックで出来た物が増えていますが、本来の糸のフロスでは虫歯による歯の表面の凹凸により、糸がほつれたり切れたりしますので、そういうときには虫歯がある可能性が高いです。
フロスをするだけで歯と歯の隙間が広がることはありませんし、たまに歯肉から出血してもすぐに治りますから心配はありません。