歯磨きで大切なこと

  1. 歯だけではなく歯肉のきわ(歯周ポケット)もブラシがあたるように磨きましょう。
  2. 歯ブラシは大きく動かさず、小刻みに動かしてください。
  3. 磨き残しをなくすためには順番を決めて磨くと良いでしょう。
    (例 上顎外側→内側→かみ合わせの面→下顎外側→内側→かみ合わせの面)

歯と歯肉の きわ のマッサージが大切な理由

  • 歯を支えているのは、歯肉とその中の歯槽骨です。
    土台であり基礎部分である歯周組織も大切にしなければなりません。そのためには歯と歯肉のきわのブラッシングが大切です。
  • 歯肉をブラッシングすると、歯肉から、サラサラの免疫力がある唾液がより多く分泌されます。
    ほとんどの方が、歯肉に全くあたらないブラッシングをしているため、歯肉からネバネバの免疫力の少ない唾液が少ししか出ていません。ドライマウスの方が非常に増えています。

歯ブラシの選び方

歯ブラシ歯ブラシも様々なものが発売されていますが、選ぶときには毛の硬さにも注意してください。

毛があまりに硬い歯ブラシを使用し続けると、歯肉が減って本来隠れている歯の根の部分が露出してきます。歯の表面も傷つき、知覚過敏になって冷たい水や風があたるとしみるようになってしまいます。