歯周病予防やドライマウス予防など、口腔内の健康を保つためのお口のメインテナンス方法をご紹介します。

起床時の歯と歯肉の際のマッサージ
夜と昼では口腔内細菌が異なります。夜の菌のバランスを崩しすぎないために、朝起きたらまず、歯磨き剤なしで歯と歯肉の際(きわ)のマッサージをしましょう。
毎食後すぐにファバラ「塩の味」
食後すぐにブラッシングを行うのではなく、ファバラ「塩の味」をひとつまみ口に含んで舐めて下さい。唾液がどんどんできてきます。そのままにして飲み込んでください。

米国では食後すぐにガムを噛んで唾液をだしますが、今のガムは石油で出来ているので問題があります。

食後約40分後に歯磨き
食後30~40分経過してから、ファバラ歯磨き粉で歯と歯肉の清掃とマッサージを行ってください。
食後すぐのブラッシングは、免疫力の低下を招きます。
舌の清掃
歯磨きが終わった後に歯ブラシでも専用ヘラでも構いませんので、舌の清掃を行ってください。ヒリヒリしない程度の強さで行ってください。
就寝前の歯と歯肉の際のマッサージ
寝る前に、ファバラ歯磨き粉で歯と歯肉の清掃とマッサージを行ってください。