歯のトラブルは身体から来ていることもある

リンゴの木木にリンゴがなっています。
そのリンゴに問題が出たら、その原因はリンゴではなく木にあることも。

害虫などで直接リンゴが傷つくこともありますが、木が弱ればリンゴもダメになります。木を支えている土が原因のこともあるでしょう。

ここで、リンゴは歯のことです。木は歯を支えている歯肉と歯槽骨、土は身体全体です。

では、その歯の問題の何割かは歯肉とその中の歯槽骨にあるのではないでしょうか。
また、何割かは口の中の骨のみならず身体全体と関連してはいないでしょうか?

今までの歯科治療は虫歯や歯周病は口の中だけで、砂糖とプラークが原因だから、磨き方の指導に清掃、口の中の殺菌ばかりでした。

効果はどうでしょう。虫歯や歯周病がドンドン治り、減っているでしょうか?

虫歯、歯周症は外の問題ではなく内部崩壊?

胃腸が弱れば口角炎が出来ることがあります。口の中の問題の原因が身体の他の部分にある一例です。
歯や歯槽骨、歯肉の問題の原因も胃腸にあったり、内臓疾患に 関係していることも多いのです。痛みも一緒です。

イメージリンゴが木から細い枝で支えられ栄養を受け取っているように、歯も歯槽骨や歯肉から栄養である血液やリンパ液、酸素を受け取り、神経もつながっていますから、 周囲組織に問題があれば、歯の細胞に酸素が行き渡らず、中から腐り内部崩壊し虫歯になったり、歯槽骨が腐り歯周病となることもあります。

だから、歯だけを一日に何回も磨くだけでは効果は期待できないのです。