診療案内

診療案内

各種歯科治療

噛みしめ・食いしばり・歯ぎしり

噛みしめの影響

寝ていて他人の歯ぎしりで眼をさましたことはありませんか?
夜に歯ぎしりをする人は、起きているときに噛みしめ、くいしばりをしている可能性があります。
意識的に寝ている時と同じ音を出せる人はいません。それだけ歯ぎしりは歯と周囲組織に大きな影響があります。

噛み合わせ部分が摩耗した歯

噛み合わせ部分が摩耗した歯

金属冠をかぶせても割れた歯

金属冠をかぶせても割れた歯

歯肉との際が摩耗した歯

歯肉との際が摩耗した歯

噛みしめによる身体への影響例
  1. 夜寝ている時に歯ぎしりしやすい
  2. 知覚過敏になりやすい
    歯のかみ合わせ部が摩耗し、神経の出た象牙質が露出するため
  3. 虫歯になりやすい
    常に歯に力がかかっているためブラッシング時にも力を入れ過ぎて歯が傷つき、歯肉の際が摩耗してその隙間に虫歯をつくりやすい。
  4. 歯が割れる、かける
    金属冠をかぶせていても中で歯がわれることも多くあります。
  5. 身体全身への影響
    • 肩こり、首のこり
    • 舌にも力が入りすぎるため喉がつかえる
    • 頭痛
    • 冷え性
    • お腹のはり
      (舌の硬直のため唾液を飲み込めず、たくさんたまった時に空気と一緒に飲み込むため)
丸いはずの歯肉が尖っているのは?
この歯肉の原因ははっきりわかっていませんが、噛みしめや歯ぎしりも関係していると言われています。
ブラッシングはとてもしにくいので注意が必要です。
先が尖った歯肉

先が尖った歯肉

先が尖った歯肉

先が尖った歯肉

噛みしめ、歯ぎしりを防ぐには

マウスピースの使用
マウスピースを使用することが一般的ですが、これを使用することが新たなストレスになり、またマウスピースを噛みしめてしまう人もいます。
夜に歯ぎしりする人は起きている時に噛みしめている可能性が高いはずです。昼間に噛みしめをやめることが出来れば効果的ではないでしょうか。
舌を軽くかむ
一番有効的な対策はなるだけ舌を軽く咬むことです。
舌なら噛みしめると痛いので噛みしめはしなくなるし、力をぬくことの練習にもなります。がんばって舌を軽くはさむだけで余計な思考も少なくなり、肩こりさえ改善する人もいます。
日頃から噛みしめのある人は、同時に舌にも無意識に力が入っているため、舌が硬直しています。だから舌を出してズーっと咬んでいるのも難しいみたいです。

噛みしめによる歯肉の際の摩耗と知覚過敏

ブラッシングが強すぎたり、早すぎたりすれば歯肉の際が削れます。でも噛みしめや歯ぎしりにより強度の負荷が歯にかかれば、その過ぎた力が歯の中央部に集中し、歯肉との際の歯面の組織が破壊されクサビの様に削られた欠損ができます。ストレスも大きく関係しているようです。
当院での治療は、主に次の2つの方法で行います。

ブラッシングの改善指導
強すぎず、早すぎず大きく動かしすぎないように、優しく、ゆっくり小刻みなブラッシングをしましょう。
薬剤の塗布
治療例:歯と同じ色の樹脂による詰め物

治療例:歯と同じ色の樹脂による詰め物

治療例:歯と同じ色の樹脂による詰め物

治療例:歯と同じ色の樹脂による詰め物

知覚過敏を抑制する薬を塗布したり、歯の表面にマニキュアのようにぬりかけて歯と同じ色のつめものをつけたりします。

審美治療

当院では、変色した歯の着色を落とす「ホワイトニング」治療と、虫歯や歯周病などの歯科治療を行う際の詰め物などを、見た目にも美しくする「審美治療」を行っています。

Top