今までは全く保険の対象外であった大臼歯
(親知らずも含めた奥歯の大きな歯)にも
白い歯を被せることができるようになっています。

私は以前より歯科用メタルの人体への影響を知っていました。
ですから出来るだけメタルは使わずに、詰められるものにはほとんど樹脂:レジンを使用していましたが、奥歯の大臼歯は金属の物を被せる場合しか保険が効かなかったので、被さずに詰められるだけで対応できる歯は、詰めるだけにしていました。
しかしながら、やはり詰める樹脂が割れたり、取れたりすることがかなりありました。

しかし、数年前よりある条件下では、大臼歯(親知らずも含めた奥歯の大きな歯)にも保険適用されるようになり、当院でも毎月数十例、年間で数百例のケースがあります。

CAD/KAM冠とは?

CAD/KAM冠とは健康保険適用される、奥歯に被せる白い歯のことです。
保険対象外のセラミックや人工ダイヤモンドではなく樹脂とセラミックの中間のような材質で3Dプリンターで造られます。

費用について

料金は3割負担の方で次のようになります。

  • 歯を削り型を取る 約3000円
  • 白い歯:CAD/KAM冠セット時 約6000円

これ以外にも、既に神経を抜いている歯の場合、土台にもメタルが使われていることが多いので、出来るだけ歯の内部からもFree Metal 金属からの解放を目指して、土台もセラミックと樹脂で再築造することが多くなります。

この樹脂とセラミックの土台費用が1000円ほどになります。

保険適用となる方

保険適用は、すべての方が対象になるのではなく、次の条件に当てはまる方のみとなります。

(条件1)
皮膚科での歯科用金属アレルギー検査が陽性の方。
なお、奥歯がすべて揃っている方(親知らずを除く)に限り、下顎の最初の奥歯は検査が不要です。
(条件2)
噛み合わせが緊密でない方。

当院から皮膚科に紹介した方の8割以上の方が陽性反応があり、奥歯にも白い歯を保険適用で入れることができています。

メタルから変更すると何が変わる?

イメージ画像まず、古いメタルの金属冠を除去すると、多くの方がとても軽くなったと驚かれます。
これはメタル冠の存在そのものを、身体が異物と知り闘っていたと考えられます。

「どうしてこんなに軽くなるのですか?」と、ほとんどの方が驚かれた後に喜ばれます。
何十本もあったメタルを全て除去して真っ白にした方も沢山おられます。

この3年間で数百に及ぶCAD/KAM冠治療後に数例の破折と脱離がありましたが、そのほとんどが、過度のかみしめや歯ぎしりのきつい方ばかりです。
もしこの方達が従来の硬いメタルの冠のままであったなら、歯そのものが割れたり、歯が動く原因となっていたと思います。
つまり、CAD/KAM 冠が割れたり取れたりしたお陰で、歯を救ったのだと思います。

この奥歯のメタルを樹脂に変えるためにはかなりの医療費の拡大に繋がるのに、厚生局には本当に感謝ですね。
ありがたいことです。