口腔内細菌の役割

私たちの口腔内細菌は常在細菌と呼ばれ、常にあるものであり、殺菌することは不可能です。
本来は無害であり、調和がとれていれば細菌のお陰で健康が維持されているのですが、薬による副作用や殺菌性の歯磨き剤などによりそのバランスがくずれたため、様々な問題が起こっています。

例えば、口臭や歯周病を防いでくれる酸素を好む好気性菌の中にも、簡単に除菌されてしまう菌もいます。
不要な菌だけを排除することは出来ません。
数年前、新聞に帰宅時にイソジンでうがいをする人はかえって風邪になりやすいと記載されていました。
これは、イソジンにより弱い菌が殺菌されたり弱まったりして口腔内の細菌のバランスが崩れ、そのため抵抗力が弱まったのではないでしょうか。

どんなに時間をかけてブラッシングし歯の表面をきれいにしても、歯肉の中の歯周ポケットには大量のプラークがあります。これは細菌の塊のことです。
通常のブラッシングでこの歯周ポケットの中のプラークを除去することは不可能です。

口の中の粘膜で本当に除菌や殺菌が必要でしょか?

日々の診療でいつも奇麗に磨けている部位に虫歯や歯周病があり、いつも全く磨けていない部位が問題なしということは常にあります。
つまり私たちは不可能なことと、しなくてもいいことに一生懸命お金と時間を浪費し、健康まで害しているのではないでしょうか?

では私たちがしなければいけないこと、可能なことはなんでしょうか?

バランスそれは細菌を殺すことではなく細菌のバランスをとることです。
その役割は唾液がしてくれるのですが、今ほとんどの人が唾液が出ませんし、バランスが大きくくずれてしまっています。
くずれたバランスを改善するために、次のことをぜひ行って下さい。

  • 食後すぐに歯磨きをしない
  • 合成界面活性剤入りの歯磨き剤は使用しない
  • 生水をしっかり飲む
  • ブラッシング時に歯と歯肉のきわをやさしくマッサージする
  • ファバラ歯磨きによりくずれたバランスが改善され、口腔内の調和が保たれます
  • ペリセラ洗口液により唾液中の酸素濃度を上げ、好気性菌の活動を高める