不安な歯科治療から安心してもらえる治療へ しっかりした説明とエビデンス

ご挨拶

日本人は世界でも有数の歯磨き大国です。
多い人は1日3回も歯磨きをし、歯磨き剤使用量も世界トップクラスです。
しかし日本人は虫歯も歯周症も多く、とても先進国でトップ水準とは程遠く、
歯科医学が進歩し 改善しているとは言えません。

それは何故でしょうか?
何か間違っているのでは? ではどこが間違っているのでしょうか?

この間違いに気づくまでは自分の従来の治療にも多くの矛盾がありました。
口臭問題も歯のクリーニングと清掃指導しかできませんでした。
今では口臭も歯周症も 簡単に改善できます。
私が気づいた間違いは、次の6つの点です。

  1. 口の中にいる細菌は不必要、悪者ではない。
    殺菌ではなく、口の中の常在細菌のバランスを調和することが大事。
  2. 口の中を調和するためには豊富な唾液が不可欠。
  3. ほとんどの人がドライマウスであり
    透明なはずの唾液が白く濁って傷ついている。
  4. 歯磨き剤、洗口液に入っている殺菌剤、合成界面活性剤、防腐剤、
    サッカリンは使用すべきではない。
  5. 食後すぐの歯磨きが口の自然浄化能力を奪い、免疫力を失う原因のひとつ。
  6. ガムは唾液を出すには有効だが、健康面にはマイナス。

このホームページでは、これまで常識とされてきたことを見直し、
正しい歯のメンテナンスについての知識を伝えていきたいと思っています。
いつまでも健康な歯で過ごしていただくために--。

たかはし歯科・小児歯科医院

院長 高 橋 伸 六

診療案内

  • 歯周病治療
  • 予防歯科、アンチエイジング、色々な不定愁訴治療
  • 審美治療
  • ドライマウス治療
  • 口腔診療内科

<診療時間>

午前9:00~12:00
午後15:00~18:40
  • 【休診日】 日曜・祝日
  • ※木曜午後・土曜午後は、口臭治療とドライマウス外来のみ行っています。

<6月臨時休診>

  • 6/17(土)、19(月)は休診いたします。

コラム

Top